teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 夕方トピック 「夏山登山を安全に」

 投稿者:ARAI  投稿日:2017年 6月24日(土)13時08分26秒
返信・引用
  > No.1598[元記事へ]

最近のラジオは便利ですね。
小休止毎にどっかり座っちゃうのは良くないと思います。
お尻に根が生えちゃう。
やっぱり「1本立てる」、これですよ。(軽く体を支える)
ちなみに最近の腰痛は椅子に座っていると足が痺れるのです。
なので家の中でも立っていることが多いです。
 
 

Re: 夕方トピック 「夏山登山を安全に」

 投稿者:fuk  投稿日:2017年 6月24日(土)09時54分22秒
返信・引用 編集済
  リンクありがとうございます^_^
普通に聴けましたよ

なかなか興味深い話しだなぁ。
ただ休憩は座ってはいけない、ってどうすか?
 

夕方トピック 「夏山登山を安全に」

 投稿者:arai  投稿日:2017年 6月23日(金)19時38分23秒
返信・引用
  ここからリンクできるか、テストです。
夏山に向けて全国高体連登山部会 顧問の渡辺 勝さんの意見です。

http://www.nhk.or.jp/radio/player/ondemand.html?p=0923_03_4907

 

Re: 一ノ倉沢南稜

 投稿者:fuk  投稿日:2017年 6月21日(水)10時38分42秒
返信・引用
  腰痛は自分も悩みのタネです…
とりあえず腰のサポーターを購入して補助して
ます。
幸いに山では動けなくなるほど痛くなりません
が、外したあとや翌日はズーンときますね。
毎日朝に腹筋と腕立て伏せを少しやり、なんとか
体調維持してます(笑)

しかし今年は雪がまだまだ残ってますね。
去年がイレギュラーだなぁ
 

Re: 一ノ倉沢南稜

 投稿者:ARAI  投稿日:2017年 6月20日(火)12時57分15秒
返信・引用
  凄いです。
もう数周回遅れです。
こちら腰痛が慢性化してリハビリを始めました。
もうじき1ヶ月ですが良くなりません。
 

一ノ倉沢南稜

 投稿者:fuk  投稿日:2017年 6月20日(火)10時58分9秒
返信・引用
  お久しぶりです。
araさんと行くはずだった一ノ倉沢南稜やって
きました。
天気良く、一応無事に終えましたが…
精神的に…( ;  ; )アウトです…
ああ~ダメダメだなぁ。
一人落ち込んでます。
 

Re: 乾徳山

 投稿者:ARAI  投稿日:2017年 5月28日(日)12時03分14秒
返信・引用
  > No.1592[元記事へ]

すご~い、なんも言えん。
下界は暑かったのにな・・・
 

乾徳山

 投稿者:fuk  投稿日:2017年 5月28日(日)09時54分35秒
返信・引用
  久しぶりにプチ本チャンしてきました。
随分ご無沙汰なので初心者ルートで、日帰り
でもなるべく本チャンに近い状態を選定。

で、乾徳山の頂上下部にある旗立岩中央稜を
選びました。
一般ルートで乾徳山頂上を目指し、頂上手前から
懸垂下降、さらに徒歩下降とトラバースで中央稜
取付きにアプローチします。
雨上がりで濡れの為に懸垂地点に入るのも怖い。
狭いルンゼを下降して落石必然のガラ谷を降ります。
50mいっぱいの下降です。
相方が下降時は岩陰に隠れます(笑)

どんぴしゃで取付きまで着きました。
貸切状態、ゆっくり休憩と準備。
岩越しに富士山!テンション上がります。

核心は1P、ハング気味の出っ張りをボルダリング
っぽいムーブで越しました。
それでもⅣ+(^_^;)
後はⅢ~Ⅲ+で快適でした!
ハーケンでランナー取れますが、危ないのが多く
岩角スリングやカムが有効でした。
あと、ヒヤッとする浮石や動く岩が本チャンを
感じます。

登攀中は天気良く、気温快適でほんとに楽しかった!
 

Re: 日和田

 投稿者:ARAI  投稿日:2017年 5月22日(月)08時29分50秒
返信・引用
  > No.1590[元記事へ]

やっぱ平日に限ります。
3月に日和田山~物見山~鎌北湖~武蔵横手駅までハイキングしました。
例の岩場は通りませんでした。
 

日和田

 投稿者:fuk  投稿日:2017年 5月22日(月)07時42分58秒
返信・引用
  久しぶりに日曜日の日和田山。
高麗駅で嫌な予感…
人が溢れていて、旅行ツアーみたいな小旗を
掲げ沢山の人が受付してます。
受付には大きなダンボールにヘルメットや
ハーネス、横にはたくさんロープ…
方々で同様な光景。
それでも岩場に行ってみると案の定、スダレ
状態(笑)
二手に分かれ、お客さんを引率するのと岩場で
場所取り?をするのですね…

ロープは張れないので、リードで合間を縫って
登ると…終了点が塞がってる。
懸垂リングまでTRの設置に使われてる…
奥の木にロープ周して降りようにも、下から次々
と、まるで蜘蛛の糸の話みたいに登ってくる
からロープダウンは不可…
歩いて下に戻りますが、人が溢れて順番待ち。
100人は居たか。
 

レンタル掲示板
/134