teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


小島の夜釣り

 投稿者:ヒゲメバル  投稿日:2017年 7月27日(木)11時07分53秒
返信・引用 編集済
  小島と大川の間の沿道から遠投で狙ったが先日と様子が違う。
アタリが少なく、たまに小型のガシラが釣れるがフグがめちゃくちゃ多い。

原因は海鵜が数羽ダイビング中で魚を追いかけ回してたから。
これじゃアカンので場所を小島の「明神崎」の地磯に移動。

ここ地磯は向かいがとっとパークに面する。
また、この地磯は捨石が平に敷かれ足場がええんです。

竿3本分沖まで沈み捨石が入っておりそれ以上の遠投が必要。
タナは2ヒロ。ここでアタリが頻繁にあるがガシラばかり。
タナを浅くすると全くアタリが無く、再び2ヒロに戻しガシラ釣り

メバルは金メバル1、黒メバル2匹釣ったが水温28℃で
夜は浮かんし完全にオフシーズンに入った。
しかし真っ暗い海に電気ウキが沈んでいくのは気持ちいい。

カゴ釣りでアジを狙ってた人は大きなトツカアジを5匹釣っていた。

暑い時季、夜釣り客は平日にもかかわらず多い。
しかしそのほとんどがルアー釣りばかりで時代は変わった。

帰りは岬公園の海岸道路を見て帰ったがキス狙いの関西投友会の会長と
お会いし暫し談笑。

この時季は星空を見ながらの夜釣りに限る



 
 

釣り弁当

 投稿者:ヒゲメバル  投稿日:2017年 7月26日(水)11時52分54秒
返信・引用 編集済
  今夜の夜釣り、お腹がすくので前回に続き今回も
同行者の分まで弁当作ってくれた。
さすが出来たかみさんです。(自分で云うたらあかんね)

腹が減ったら戦は出来んって言うでしょ
これで心置きなく釣りに集中できます。

小島のメバルは春が盛期、今はオフシーズンでガシラがメイン。
2~3匹メバルの顔が見れたらエエんやけどね。


 

バラ石で花火

 投稿者:ヒゲメバル  投稿日:2017年 7月26日(水)08時35分44秒
返信・引用 編集済
  土曜日はみなとまつり

今夏も岸和田では地蔵浜(バラ石)で花火大会があるよ
強烈なドンパチ音でメバルが一番驚く日や

平成29年7月29日 土曜日 (※荒天時は中止)
打揚時間:午後7時40分から8時30分

前日と当日はバラ石は花火の設営の為入られへん。
当日の夜釣りも見物客と交通規制の為、おそらく無理やで

翌30日は平常通り釣りはOK

 

土用丑

 投稿者:ヒゲメバル  投稿日:2017年 7月25日(火)16時44分46秒
返信・引用 編集済
  ♪うなぎ 美味しかのやま~…なんちゃって。
今日は土用丑、
大起水産に買い物行ったら店頭でウナギを焼いてた。
え~匂いや!
焼いたウナギをうな重やうな寿司にしてくれるんやで!

貧乏な我家やけど世間にあわせ年に一度ウナギを食することにした。
中国産と国産の2種あったけど国産は中国産の倍の価格やった。

もちろん見栄を張って国産を頂戴!って言ったよ。

そういえば藪野渡船の二三夫君と佐野川へよくウナギを釣りに
いったもんや。釣ったウナギはアナゴのイケスに入れて1週間
泥をはかす。しかしいつの間にかウナギはおらんようになってた。

誰かの胃袋に入ったんや。そういう訳で釣っても食べた記憶がない


 

トップガイド交換

 投稿者:ヒゲメバル  投稿日:2017年 7月25日(火)08時23分1秒
返信・引用
  そうそう、このあいだね竿の先端のトップガイドを
大き目の口径の物に替えて貰ったよ!

それはね、糸止めがガイドを通過する時に加わるちっぽけな
衝撃がいやでね、またそう思うとだんだん気になって。

交換したら糸止めが通過するときのカタッとする衝撃が殆ど
感じられんようになった。

そしてね、泉南の道路沿いからの遠投も、少し飛距離が延びたよ!
同じ竿をもう1本持ってるので、これも近日交換します。

明日の夕方から再び先日の小島の道路端から遠投で根魚を狙います。


 

苦潮(にがしお)とは

 投稿者:ヒゲメバル  投稿日:2017年 7月24日(月)08時16分11秒
返信・引用 編集済
  生活用水等で冨栄養化された水が大雨等で河川から一気に大量に流れ込み、
プランクトンが異常発生しやがて死滅、海上に浮遊する。
これが「赤潮」って言うんやで。

やがて大量の赤い浮遊したプランクトンは海底に沈降し溜まり発酵するが
この時酸素を奪ってしまうので海底は酸素が薄くなる。(酸欠)

海底やその近くに生息する魚は危険回避で沖に移動するか若しくは
酸素のある上層部へと避難するが、この酸欠状態がきつい場合は
平衡感覚を失い瀕死の状態で海上に腹を返し浮遊する。

この状態が漁師や釣り人にとって恐れられる「苦潮」です。

そういえば16日の日曜日、一文字外向きは真っ赤な赤潮の帯が接岸
ウキにベッタリこびりついたよ。

今日は少しお勉強しましたね。

 

朝の落とし前を夜つけた

 投稿者:ヒゲメバル  投稿日:2017年 7月23日(日)22時38分3秒
返信・引用 編集済
  今朝はニガ潮で納得した釣りをさせてくれんかったので
夕方5時、比較的ニガ潮の影響が少ない泉佐野一文字へ半夜でリベンジ。
野球でいったらダブルヘッターやな

3番の角から大阪方面へ10m離れた所に釣り座。
ここは過去に2回大釣りしたポイント。
日没前に沖合い10mの掛け上がりに底撒き器を4杯投入。
周囲が薄暗くなってから仕掛けを投入。潮は右から左へ結構早い。
そこで仕掛けが海底でたなびく分、半ヒロ余尺をとり4.5ヒロに設定。

1投目から電気ウキが入る。合わせるとずしんとした感触で良型メバル。
それからは投げるたびにアタリ。アタリがあっても即合わせず
送り込むとダブルで乗ってくる。これぞメバル釣りの醍醐味。

8時過ぎアタリが止まり納竿。9時の迎船で帰路へ…
朝の岸和田一文字の仇は佐野一文字の半夜で討った。


 

ニガ潮発生、底は薄い酸欠状態

 投稿者:ヒゲメバル  投稿日:2017年 7月23日(日)10時42分35秒
返信・引用 編集済
  出船前に船頭から底潮悪く酸欠気味やで…と言われてたけど、半信半疑。

今まで渡してくれたことのない一文字のカーブのリクエストに
応えてくれたのは良かったが、撒き餌タップリしても全く反応がない。

タナを底からだんだん切って中層まで探ったが反応なし。
今日は坊主かな!と思ったときウキが入り小サバ、タナゴがのってきた。
その後も反応無し、マグレでガシラとメバルが釣れたきり。8時半納竿

潮が好転するまで日にちが掛かりそう。
好転しても28℃を超え食わんようになるのでこのニガ潮で今季夏メバルは実質上終了か?

画像のネタが無いので小サバや豆アジも枯れ木の賑わいや!
あんまり寂しいので入れたよ、堪忍やで


 

半夜釣り解禁

 投稿者:ヒゲメバル  投稿日:2017年 7月22日(土)07時18分21秒
返信・引用 編集済
  泉佐野菊川渡船は今日から土日限定で半夜釣りを開始。

迎船は9時と10時です。

メバルは3番角付近10m沖の掛け上がりが◎
大型サンバソウは地マムシの餌で6番竿下が本命

http://

 

毎日、異常な程暑いね

 投稿者:ヒゲメバル  投稿日:2017年 7月21日(金)17時49分52秒
返信・引用 編集済
  これだけ暑いとね、日中の釣りは億劫になってきた。
朝7時を過ぎたらもうアカン。

甲子園大会の予選大会やってるけど、猛暑の中球児は偉いね~
年を重ねる度に暑さの免疫力が無くなってきたよ。
皆さんはどうですか?

これからは半夜釣りに移行したいと思ってます。



 

レンタル掲示板
/268