teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


昨日ねおなごと合体したぞ!

 投稿者:毎度さいとうです!  投稿日:2008年 6月 1日(日)18時34分58秒
  いきなりなんですけもね、昨晩「あなたのからだがほしい」とオファーがきまして、いってみたらですね、41萬をいただいてズッポシはめたわけです。この世界衝撃でしたね!!!! http://iiwaza.futene.net/
1620
 
 

北川八郎先生講演会開催のご案内

 投稿者:シチズンズカレッジメール  投稿日:2007年10月 9日(火)11時23分37秒
  NPO法人ザ・シチズンズ・カレッジが主催する第98期講座にて
北川八郎先生をお招きし「心と体の繁栄の法則」と題してご講演いただきます。
日時:平成19年11月15日(木)/18時45分~20時30分
会場:KDDIホール(東京大手町)
定員:200名
受講料:2500円(会員)~4000円(一般)
    *入会登録随時受付中(登録料500円、年会費なし)
事前に聴講券をご購入ください。
詳細・お申込みはホームページにて http://www.ttcc.or.jp/

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

http://www.ttcc.or.jp/

 

曼荼羅ミュージアム

 投稿者:瞑想者  投稿日:2007年10月 6日(土)07時02分40秒
  曼荼羅ミュージアムは何処にありますか?
住所お知らせ下さい。
見学できるのですか。
 

なかなか気が付かない一般人たち?

 投稿者:大矢泰司メール  投稿日:2007年 9月28日(金)10時59分33秒
  ダライラマ14世に会ってからマンダラの瞑想を15年以上続けておりますが。エコだとか言ってる方がエゴの最も中心にいることが気が付かないのではないですか?いくらあったら(お金と物)十分なのですか。どうせ皆は死に向かって走っているのに。
そろそろ気が付いてくださいーある程度の歳になったら死ぬ準備をしましょう。マンダラ瞑想をしますか。

http://www.mandalamuseum.com

 

ルルドの水は日本にもあります。

 投稿者:大矢泰司メール  投稿日:2007年 8月28日(火)16時36分7秒
  信じるものは救われますカラー信じた水が良いでしょう。日本にも有名じゃなあ行けど同じ水(成分)がありますー効果も同じようです、でも四区間が和えてください自分の周辺にもありませんか。どうしても遠いところが効験あらたかに思っていませんか?マンダラの瞑想にはマンダラ原画を見て(観想)して実行するのが良いのですがあまりにも偽者がはびこっていませんか?気をつけて購入してください。色が綺麗なものが良いマンダラじゃないのですよー決まりがあるのです。

http://www.mandalamuseum.com

 

あまりにも=インスタント=過ぎませんか

 投稿者:大矢泰司メール  投稿日:2007年 8月28日(火)08時30分30秒
  マンダラの検索をするとバンド名、レストラン、エステ、塗り絵とあまりにもインスタントすぎるものばかりです。話題になったりブームも悪くはないけどー全てが即席で何でもーお金を稼ぐだけの商売が多いと思いませんか。

http://www.mandalamuseum.com

 

ちょっと信じています。

 投稿者:のの  投稿日:2007年 2月27日(火)19時14分45秒
  民間療法で有名なのがルルドの奇跡の泉と言うのがあります
およそ140年間枯れることなく湧きつづけ、ルルドの聖なる泉
として、年間500万人の巡礼者が訪れるカトリック最大の聖地。
その水を飲んだ人々は、病が癒されるという不思議な水で。
カトリック協会の医師達が奇跡の治癒現象症例のデータを蓄積し
管理しエイズや癌、線維筋痛症、パーキンソン病等、
難病とされている病が次々に治ったとも言われています。
他にも肌の状態が極めて良くなる 肥満改善 体力向上、
疲れを感じにくくなったなどの症状もあります。私は
キリスト教徒ではありませんが、飲用した親戚が二人
癌が完治した経緯もあり、少し信じています。
お水自体は無料で、送料以外はかからないそうです。
ttp://lourdeslourdesph.syoutikubai.com/
興味のある方は見てみてはいかがでしょうか。
 

マンダラの原画を買ってください。

 投稿者:大矢泰司メール  投稿日:2007年 2月17日(土)14時47分53秒
  福島市の山の中でまもなくマンダラミュージアムの産声が聞こえます。
いろんな原材料の価格が値上がりして困っておりますのでダライラマ14世に頂いた砂マンダラやカーらチャクラマンダラ(カーペット、絨毯ですが絶対に踏まない事)を大至急販売をしてオープンしたくお願いします。

http://www.mandalamuseum.com

 

忘我

 投稿者:天耀  投稿日:2006年 7月28日(金)12時06分44秒
  「あらゆる動作は、無意識に行われねばならない」
ブルースリー
瞑想により無の境地を体験していくことにより、
あらゆる行動は無意識のうちに行われるでしょう。
まず全ての行動で我を勘定に入れず、人を優先することです。
そのためにも瞑想を覚えましょう。
何か集中できるもを側に置くこともいいでしょう。
音楽・お香・ローソクなどで集中を、
促進するのも良いでしょう。
勿論マンダラを眺め色彩図形など、
詳細にわかるよう心を深く静めるも
よいでしょう。
いけないことは物欲のイメージを使わないこと。
そうすることで魔が入り込まない、
純粋な直感力が磨かれます。
 

瞑想

 投稿者:天耀  投稿日:2006年 7月 7日(金)09時08分21秒
  久しぶりに瞑想に関して書きます。
先ず絶対に期待してはならないことは、
何か異質な力が自分に備わるようなことを、
望んではならないということです。
瞑想は心の安定を第一とします。
瞑想を体験していく中で、光が見えたり、
仏が見えると言う話を聞きます。
これはあくまでも自分で作り上げてるだけです。
チベット僧より厳しく言われたことがあります。
「光や仏を見えたと喜んではならない。
それはただ自分が見ておるだけで、
観光旅行と同じである。それを魔が入ると言う」
と、指導を受けたことがあります。
瞑想は何も恐ろしいものでも、難しいものでもありません。
恐ろしくするのも、難しくするのも自分の心です。
くだらぬ力を瞑想で身に付けようとしないことです。
それらは必ず自分を縛ります。
瞑想は、生かされていることを知ることであり、
自分の解放です。
静かな場所で、数分で良いので、
坐ってみましょう。
毎日続けることで、心の安定が得られます。
 

曼荼羅瞑想について

 投稿者:半度人メール  投稿日:2006年 7月 5日(水)13時30分25秒
  瞑想は素人ではなかなかー雑念、妄想などが専攻して瞑想状態に入れません。瞑想に入りやすい方法として曼荼羅原画(仏画)を前において観想する方法があります。ただ置くだけじゃなくて眺めるのじゃなくて曼荼羅の仏に入り込む(なりきること)ことです。リチャード。ギアさんも進めております。でもあまりにもインスタント主義もいかがなものかとは思いますが。実際にやってみると異次元が見えたりします。楽しいですよ。

http://www.mandalamuseum.com

 

リチャード ギア さん

 投稿者:半度人メール  投稿日:2006年 6月10日(土)11時48分9秒
  リチャード ギア 財団(richard gere foundation,in new york)に訪問されたからおりましたら色々と情報交換をしたいので連絡をお願いをしたいで宜しくお願いします。

http://www.mandalamuseum.com

 

リチャード・ギアさん

 投稿者:半度人メール  投稿日:2006年 5月21日(日)11時32分52秒
  リチャード・ギアさんの正式な連絡先をご存知の方連絡してください。

http://www.mandalamuseum.com

 

瞑想にはマンダラ原画が一番。

 投稿者:半度人メール  投稿日:2006年 5月21日(日)11時31分45秒
  リチャード・ギアさんも瞑想するときにはマンダラ原画=仏画?どちらかは確認をしたことはありませんが素人には特にマンダラ原画を見ながら瞑想をすると入りやすいと言っております。私どもは本物のマンダラ原画を1,300点持っておりーまもなく展示する準備中です。一度遊びに来てください。

http://www.mandalamuseum.com

 

リチャード・ギアさん

 投稿者:半度人メール  投稿日:2006年 5月21日(日)11時28分33秒
  リチャード・ギアさんは私どもよりも古くからチベット亡命政府を大金をかけて命を懸けて応援をしております。私どもも日本でリチャード・ギアさんを招待をして福島市飯坂町に出来るマンダラ瞑想センター(マンダラ博物館)で一緒にすごせるように申請中です。

http://www.mandalamuseum.com

 

瞑想をしているのは?

 投稿者:半度人メール  投稿日:2006年 5月21日(日)11時25分0秒
  私どもはダライ・ラマ14世のチベットを取り戻す運動をしているものです。リチャード・ギアさんも仏教徒で瞑想も約30年間も続けております。今度福島市飯坂温泉に近い所にマンダラ瞑想センターを作りますので一度遊びに来てください。夏には仮オープンします。

http://www.mandalamuseum.com

 

タヒボ茶との出会い20

 投稿者:天耀  投稿日:2005年 7月 8日(金)09時22分30秒
  最後に、ここまでお読みいただきありがとうございました。
「家族が健康であることのありがたさ」を、少しでも貴方様にお伝えすることができたなら嬉しく思います。なぜなら、そうすれば、今この瞬間、ほんの少し幸せを感じていただけたに違いないからです。
そしてこのお手紙でお伝えしたタヒボ茶の情報が、あなた様にとって価値あるものとなれば本当に嬉しく思います。また、もし周りでお困りの方がおられましたら、一つの情報としてこの手紙を持ってタヒボ茶の存在を教えていただければありがたく思います。
 

タヒボ茶との出会い19

 投稿者:天耀    投稿日:2005年 6月14日(火)14時15分1秒
  私は新しい年を迎えるたびに、感謝の気持ちで一杯になります。今、元気にしている娘を見て、本当にありがたく新年の喜びをかみしめております。
「家族が健康であることこそ、幸福の原点」、私が気付かされたことは考えれば当たり前のことです。
しかし、このありがたみは「娘が奇跡的に生還した」からこそ現実に今感じられるもので、本当にそのことについては「感謝」以外に表現のしようがございません。
 

タヒボ茶との出会い18

 投稿者: 天耀    投稿日:2005年 5月31日(火)11時10分8秒
  私は、今までお聞きしたガン患者の方々の言葉と、逸見さんの奥様の言葉、そして当時の私の思いが重なりました。同様な体験をお持ちの方が多いのではないでしょうか。
私たち家族にとって、タヒボ茶は欠かす事のできない選択肢の一つです。
そして、私は、ぜひとも貴方様への大切な情報の一つとしてお伝えしたいと思いました。
 

タヒボ茶との出会い17

 投稿者:天耀  投稿日:2005年 5月26日(木)12時43分30秒
  昨年、私はある雑誌で、故逸見アナウンサーの奥様が次のように話されている記事を読みました。
「一番悔しいのは、ガンのことについて何も知らなかったことです。そして、医師に全てを委ねてしまいました。もしも、もっと知識があったら、色々と違う選択肢があったのではないかと思いますし、多分、違うことをやっていたと思います。」
 

タヒボ茶との出会い16

 投稿者:天耀  投稿日:2005年 5月19日(木)13時22分41秒
  さらに今思うことは「もしあの時にタヒボ茶を知っていたら、次女はあれほどの状態に至らなかったのでは?」正直これは分かりません。が、これまでタヒボの力を現実に目の当たりにしてきて、同じ状況になっても「タヒボがあるから大丈夫」という強い安心感があるのは事実で、それは妻も娘も感じているようです。  

タヒボ茶との出会い15

 投稿者:天耀    投稿日:2005年 5月16日(月)12時06分6秒
  私たちの家族も毎日欠かさず飲んでいますが、体調は不思議なほど良くなってきています。実際に飲んでいると分かるのです。上手く表現はできないのですが、「とにかく心身に活力を感じ、病気になる気がしない」のです。
そして最近ではありがたいことに「また治療法がないといわれるようになってしまったら・・・」という思いについても、「タヒボがあるから大丈夫」という安心感を持てるようになりました。
 

タヒボ茶との出会い14

 投稿者:天耀  投稿日:2005年 3月25日(金)15時34分4秒
  私はこういった事実を踏まえ、数多くの体験者を持ち、世界でも唯一の「抗癌剤の医薬製剤特許」を取得したタヒボ茶こそ、
「病院の治療以外にも何か良いものはないか?」
「一番良いと納得できる治療方法をやりたい」
という思いに最も応えられる商品であると確信いたしており、私が探し続けてきた「家族の健康を守ってくれるもの」に出会えて本当に良かったと思います。
 

タヒボ茶との出会い13

 投稿者:天耀  投稿日:2005年 3月15日(火)08時58分36秒
  このガン細胞だけを選んで殺してくれるというタヒボ茶に含まれる成分が取得した特許は、医学界でも大変注目されていて、宮城県立がんセンターをはじめ、京都大学、京都府立医科大学などでも研究が進められているようです。

また、タヒボ茶には、肝炎、腎炎、糖尿病、リウマチ、アトピー、前立腺肥大、子宮内膜症、潰瘍性大腸炎・・・など様々な疾病を患う方に対しても優れた実績があることも分かりました。
そして、アマゾン北部に自生する樹木(ノウゼンカズラ科 タベブイヤ・アベラネダエ)を原料とした、完全に天然素材のみで作られた樹木茶だということも分かりました。
 

タヒボ茶との出会い12

 投稿者:天耀  投稿日:2005年 3月14日(月)09時02分23秒
  特許の内容から、このタヒボ茶の大きな特徴を一言で言えば、「ガン細胞だけを選んで、殺してくれる。そして、正常細胞には強い影響を与えないため、副作用がない」ということです。ですから、ガンを患っている方は治療的に、再発の予防、又は通常の予防としてもお飲みいただくことができるのです。しかも、ガン細胞を殺すだけでなく、免疫力を強化してくれますから、健康な方がお飲みいただいても、より健康な体になっていくことができます。

 

タヒボ茶との出会い11

 投稿者:天耀  投稿日:2005年 3月 7日(月)09時57分28秒
  では、その根拠は何か?
それは、科学的証明として、漢方薬、ハーブ、健康食品を通じて世界で初めて、その成分に「抗癌剤の医薬製剤に関する物質特許」が認められているという事実です。
あなた様にも、ガンに良いものとして思い浮かぶ漢方薬、健康食品があるかも知れません。しかし、まだ余り知られてはおりませんが「抗ガン効果」が特許で認められているものは実はタヒボ茶だけなのです。
 米国特許「抗癌剤(悪性腫瘍を処置する方法)~ガンの治療と予防」
 日本特許「発癌プロモーション阻害剤」
 台湾特許「抗癌剤」
 昨年、中国でも「抗癌剤」の特許が取得されています。
 

タヒボ茶との出会い10

 投稿者:天耀  投稿日:2005年 2月28日(月)09時42分30秒
  他にもいくつもの体験例を知ることになりました。
「直腸ガン、胃ガン、前立腺ガンを克服した元気な七六歳」
「喉頭ガンが二ヶ月で治った」
「急性骨髄性白血病を克服して生還した」
「肺ガンのカゲが消えた」
「余命四ヶ月の肝臓ガンで腫瘍マーカーが正常値に」
「膀胱ガンを克服しテレビ出演することになった」
「悪性リンパ腫の再発から生還できた」

他にもたくさんの体験実績があることを知りました。(詳しくは、実名入りの体験談集があります)
しかし、私が今現在、タヒボ茶が「ガンに効く」と自信を持ってお伝えできるのは、こういった体験談だけからではありません。
 

タヒボ茶との出会い9

 投稿者:天耀  投稿日:2005年 2月25日(金)08時55分55秒
  そして「もしかしたら、これは私が探していた本物かもしれない」、と感じました。

私はこの事実を知ってから、本気でタヒボ茶のことを調べることにしました。
早速、タヒボ茶を紹介してくれた友人に電話してみるとこと細やかな説明があり「ガンと家族の物語」という小冊子を送ってくれました。そこには、卵巣がんで余命一年もないと伝えられた患者と家族の「ガン克服の物語」が書かれていました。私は直感的に「何か」を感じ、その著者に直接会い、話を聞きました。そして、その真実を教えていただきました。その物語に登場する方は、その後、テレビの情報番組にも「タヒボ茶でガン克服の体験者」という事で出演されていました。
 

タヒボ茶との出会い8

 投稿者:天耀  投稿日:2005年 2月18日(金)09時14分31秒
  そのメールの差出人は、患者であった六十歳の女性の娘さんでした。
『タヒボ茶を飲み始める前、お母さんの肺ガンはとても大きくなっていました。大きさにして十センチ以上。肺ガン特有の咳があり、とても苦しそうで見ていて辛かったです。私たち家族も精神的にも大変でした。一生懸命タヒボ茶を飲みました。医師からは、抗癌剤以外に可能な治療法はないが、ほとんど効かないだろう。余命は長くて一年だろうといわれました。タヒボ茶しかない、とこれに賭けることにしました。
結果、三ヵ月後、十センチ以上あったガンは、三センチになっていました。しかも、腫瘍の中が空洞のようになっているとの事。医師も驚いて、「こんなこともあるのか」と、つぶやいていました。
さらに一ヵ月後、ガンは一センチに。もう、ほとんどガン細胞は活動をしていません。』
実際にその過程が書かれた電子メールを読んだとき、大きな驚きと感動がありました。本人は嬉しかっただろうなあ、家族も安心しただろうなあ、家族のみんなの健康が手に入ってよかったなあ・・・。
私は心の中に、娘の手を引いて病院を後にしたときの情景が思い浮かびました。
 

タヒボ茶との出会い7

 投稿者:天耀  投稿日:2005年 2月16日(水)09時47分27秒
  その後また仕事が多用を極めるようになったのですが、何かの打ち合わせや会合等で健康話になると、たまに思い出したときにタヒボ茶のことを話したりしていました。
そして、またそれからしばらくした頃、当社のホームページを製作した会社の社長から一通の電子メールが送られてきました。この電子メールこそ私をタヒボへの強い関心を持つ本当のきっかけとなったのです。。ガン患者の家族から知人に送られたお礼のメールでした。以前、私がその社長にタヒボ茶を紹介したことがあり、喜んで私に転送してくれたのです。ホームページ製作会社のお客さんの奥様がタヒボ茶を飲んでガンを克服したという体験でそれは生の声でした。
 

レンタル掲示板
/4