teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:70/103 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ふむふむ‥でも新たな疑問が‥

 投稿者:zhimei  投稿日:2003年 2月 6日(木)13時48分42秒
  通報 返信・引用
  カオ・ジャンリは実在した人だったんですね。「カオ」は「高」でしょうね。でも、「ジャンリ」ってどういう漢字なのかがずっと気になってたんですが‥
聞いたところによれば、始皇帝を暗殺しようとした刺客・ケイカのオトモダチに高漸離という人がいたそうなんですが、ただこの場合、ピンインはgao jian liなので「ガオ・ジエンリ」という読みの方が近いよなあ‥
もし、高漸離のことだとすれば、陳凱歌作品「始皇帝暗殺」の中で趙本山が演じていた仙人みたいな妖怪みたいな人かな?世捨て人っぽい風情がとても味があって良かったです。
とすると、始皇帝とカオが乳兄弟だったという設定自体が、すごく面白いことになりますね。

ラストの音楽‥ ううむあのシーンでは、姜文のうしろ姿をずっと追っていて、始皇帝のやりきれなさに感情移入してたから音楽が頭に残ってないなー。
でも、ところどころに効果的に入ってた音楽もあったと思いますね。
テーマ音楽は、とても良かったです。終わりのスクロール見ながら、感動に浸ってました。「大画面でみたいなあ‥」とか思いながら。「2匹の犬が骨の夢を‥」というあの子守唄?が途中に入るのもいいですね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:70/103 《前のページ | 次のページ》
/103